津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

たまに仕事の話っこ「一般的な遺言(ゆいごん)№1」

私、行政書士です。そんなことで、時には、皆さんにも、私の仕事の話しっこも時々、喋ってみたいと思いますので聞いてケロ
今日は、「一般的な遺言」についてです。
広辞苑には、「遺言とは、死後のために物事を言い遺すこと。」と、書かれています。
民法第960条には「遺言は、この法律に定める方式に従わなければ、これをすることができない。」と謳われて、以下の条文に詳細に謳われています。
行政書士としては、訴訟的な法律解釈については、論ずるべきでないと考えていますのでご了承ください。
ここでは、皆さんに一般的に遺言とはどんなもの的に説明したいと思います。
一般的に、遺言とは、故人が自らの死後のために遺した言葉や文章をいうと言われています。
ところで、遺言は何歳からできると思いますか?、民法961条に「満十五歳に達した者は、遺言をすることができる。」とされています。未成年から、しかも満15歳からできるそうです。ビックリですね。
遺言には、「遺言自由の原則」として、遺言の制度を認めることによって、人は遺言により、生前だけでなく、その死後にも自己の財産を自由に処分できるそうです。
遺言の重要なことは、苦労して苦労して築き上げた大事な財産(遺産)の処分について、被相続人(亡くなられた方)の意思を反映させることにあります。
被相続人の、遺言がない場合は、民法の規定に従って相続が行われる(これを法定相続という)。これに対し、遺言を作成しておくと、遺産の全体または個々の遺産を誰が受け継ぐかについて自らの意思を反映させることができるのです。相続人以外の者に遺産を与えることも可能なのです。例えば、可愛いお孫さんとか、お世話になった方へなど自分の思いが届けられるのです。
私が、行政書士を志したは、私のプロフィールでも喋っていますが、「可哀そうな方の思いを遺言で残してあげたい。」と思ったことからです。貴方の思いを残すためには、遺言がとても大事だと思います。
続き№2は、次の機会にします。