津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の66歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年でもあります。そして第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。昭和45年、18歳の年で、青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

家系図の重要性&庭へテーブル設置

目下、家系図作成依頼の分と我が千島家の戸籍調査の最中です。
我が千島家の戸籍調査は、壁に突き当たっています。
わがやの調査経緯を紹介します。


戸籍上、私の高祖父母には子がいなかったことが確認されました。
曾祖父、千島福太郎(明治元年生まれ)が、高祖父、千島忠兵衛(天保生まれ)と養子縁組しているが、その曾祖父が、どこから養子に来たのか戸籍には記載なく確認ができません。


そこで、現存している長老の方(千島福太郎の孫)に聞き込みした結果、「〇〇村の〇〇▽▽から養子に来た人だと言い伝えられている。」との話でした。


その役場へ「千島福太郎」の戸籍の調査へ伺ったところ、「千島福太郎と〇〇▽▽との繋がる戸籍資料がなければ、〇〇▽▽の戸籍は確認できません。」ということでした。


そんな壁に突き当たってしまいました。


曾祖父の生家と言われている〇〇▽▽家の現存する子孫を確認して戸籍を取って頂くしかないようです。


何処から養子に来たと、何字か記入されていれば・・・と愕然としています。
だから、先祖の家系図と戸籍謄本を取得して子孫に残すべきだと系図の調査の必要性を感じています。戸籍という事実でなければいけません。


皆さんも先祖の系図を作成して子孫へ残してくださいね。
私の場合は、高祖父の千島忠兵衛の血は流れておらず、曾祖父と曾祖母(弘前市)の先祖の血が流れていることになるのです。


現状では、曾祖父母の生家の現存する子孫に面会するには戸籍上では無理のようです。
あとは足を使うよりないですね。


昨日、庭にテーブルを設置しました。
家内がバラの枝を綺麗に剪定してくれたので我が家の見事なバラが咲くでしょう。楽しみです。

へばね