津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

 皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」を設立しました。
 事務所の各業務のうち、特に、廃棄物の適正処理のコンサルタント、相続・遺言、家系図の作成を得意に事業を推進しております。
 私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。 
 趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

ご冥福をお祈りします。

4/11、滋賀県彦根市の交番で起きた射殺された事件が、報道された以降、なぜ起きたのだろう。かと、OBとして真剣に考えています。


42年間勤務し退職して、別の公共機関で5年間、勤務し1年目に感じたことは、「ここの職員の指導監督、この程度でほんとうに大丈夫なの?」と、心配になりました。
警察界では、とうてい考えられない職員の指導監督に目を疑ったものでした。
同じ公務員なのに、なぜこれほどまでに指導監督の仕方が違うの。と、正直にそう思いました。


私が、拝命し2~30代ころは楽しくのびのび仕事ができましたしが・・・確かにだんだんと厳しくなり退職するころには雁字搦めでした。


他の公共機関で勤務してみて、各部下の指導監督を厳しくすればするほど不祥事案が起こらない。と、いう考え方を見直さなければと考えさせられました。


亡くなられた41歳巡査部長のご冥福をお祈り申し上げます。