津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の66歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年でもあります。そして第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。昭和45年、18歳の年で、青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

無農薬栽培の試練

無農薬栽培の試練
朝ご飯を食べて、菜園作業を10時の開業時間までに終わってこようかと出かけましたが、お昼までかかってしまいました。携帯電話を手元に置いているので電話の要件への対応十分な状態です。
予定よりも大幅に遅くなった理由は、じゃが芋が恐ろしいことになっていたんです。

テントウムシモドキの幼虫に葉茎が食い荒らされていたのです。
これが、無農薬栽培の試練なのです。気温は、30度の炎天下の中で、4.5本の畝のうち1本だけですが、幼虫を駆除してきました。1万匹は駆除したと思います。
もう15年間テントウムシモドキとの退治をしてきています。
テントウムシモドキの生態については研究もしました。が、私の力では100%駆除できないことが分かっています。50%駆除できれば、ジャガイモの収穫には問題がないことが分かっていますのでこの程度で食い止めれば良しと考えています。
夕方も行って駆除してきます。無農薬栽培の苦労は計り知れないものです。強い心を持たなければ無農薬栽培はできません。
真っ白になるくらい農薬を散布した畑のジャガイモの葉は虫のあともありません綺麗なものです。それをみて私はそれは違うよな・・・外見が綺麗ならいいのか・・・と、農薬を一切使わず15年間、無農薬野菜栽培に拘ってきたのです。子や孫たちの健康の事を考えてなんです。
我が家の野菜は安全でしかも美味しいのです。
へばね