津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の66歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年でもあります。そして第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。昭和45年、18歳の年で、青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

家系調査&夫婦喧嘩のルール

 目下、家系・系譜の調査業務大忙しです。
 その業務をしてみて感じたことは、戦時中の家系が複雑になっていることです。 
 戦争で、多くの犠牲者が出たことからでしょうね。入籍して間もなくに「戦死」と記載され生まれた子を見ないでの記載が、・・・なんか忍びない感じを受けます。
 戸籍を解析すれば、先祖の生きざまが見てきます。
 だれでも亡くなれば、出生から死亡までの戸籍が子(子孫)に歴然曝け出されるわけです。
 今の世、一時の感情(機嫌)での即決離婚がとても多くなっています。
 私は、離婚がだめだ言っているわけではありません。権利として認められています。
 いろんな理由があって、離婚するのでしょう・・・が、私としては、できれば最低、子供ができたら、どんな理由があろうとも、子供のためには、離婚すべきでないと思います。離婚を考えたらまず冷却期間をおきなさい。囲碁から学んだのですが、大局を見ることです。    
 機嫌で生きているのが人間です。機嫌のよいときも悪いときもあります。
 その一時の感情(機嫌)で喧嘩する場合が多々あるともいます。それは、お互い、喋り喋れる仲だという証明です。 
 あそこの夫婦は喧嘩もしない仲のいい夫婦だと言われている家庭があると思いますが、我慢しての夫婦生活は体に毒です。喧嘩する夫婦のほうが好きです・・・が、私の持論です。
 夫婦は、いつも口論し意見を交わして家族が円満になるのでないでしょうか。昔から喧嘩するほど仲がいいと。でも、暴力や罵声はいけませんよ。相手の話をよく聞くなどのルールを持った夫婦喧嘩をすること。そしてどちらかがいいところで折れることが大事であとに尾を引かないことです。夫婦は大いにルールを守った喧嘩をしなさい。


 なんか、今日も千島線話が脱線してしまいました。台風が過ぎましたが、なんか歴史的な降雨になるということです。夫婦げんかしている場合ではありません。災害から身を守って下さいね。
へばね
離婚するなよ。戸籍調査が面倒になります。