津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

注目記事「糖尿病疑い1千万人」に思う

糖尿病疑い1千万人 初の大台、予備軍は減少 厚労省調査
糖尿病が強く疑われる成人男女が2016年時点で推計約1千万人に上がったことが21日、厚生労働省の国民健康・栄養調査で分かった。前回調査の12年から50万人増となりはじめて大台に乗った。糖尿病予備軍とされる人は前回より100万人減の1千万人だった。厚労省の担当者は「患者増は、糖尿病になる割合が高い高齢者が増えていることが影響している」と分析。予備軍減少は「メタリボック症候群への対策が進んだため」とみている。(東奥日報)
コメント:実は、私も糖尿病の投薬治療を受けているんです。3ケ月に一回採血検査をしています。37歳ころに予備軍と診断されて、45歳ころから投薬治療を継続しています。父方が糖尿病が多く遺伝性のようです。3年間のA1Cの数値は、毎年ほぼ同じ数値を形成しています。3月は6.5~6、6月は6.1(3回とも)、9月は6.0~2、12月は5.9~6.3の数値なんです。この数値から、冬季間(12~3)は菜園作業もなく運動不足になるからでしょうね。私は、定期的なジョッキングなどは一切していませんし、食事制限もせず、なんでも食べています。が、口では調整していますよ。アルコールも飲むときは朝まで飲みます。普段は晩酌はあまりしません。投薬治療をしてこの数値ですので成績は良くないと思いますね。気を緩めずにあまり気にせずに悪化させずに一生の友としてお付き合いをする覚悟でいます。


今日は朝一でレタスの苗を畝に植えてきました

小さな苗なので大丈夫かと心配ですね。
今日は、事務所休日で、ゆっくり残務処理をしました。明日は、明日で色々とやることがあります。ヘバナーおやすみなさい。