津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の66歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年でもあります。そして第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。昭和45年、18歳の年で、青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

高校野球の観戦で思う&追伸


高校野球準決勝をテレビ観戦しながら事務所で仕事でした。
隣の秋田県が恐ろしいことになっています。皆さんもご存じのとおり、農業高校の金足農業高校の活躍です!。
県立高校でしかも部員は県内の子供ばかりだそうです。公立高校でもやればできることを証明してくれました。粘り強さは秋田のコメがいいからかな。
明日も一生懸命に頑張って東北に初の優勝旗を持ってきてください。
青森県の公立高校の選手も頑張って下さい。


金足農業高校と日大三校の試合を見ながら、最近ある人との話題を思いだしました。
私に「県内の中学校で野球の上手な子が私立高校へ集まりすぎているために県内の公立校高校の野球のレベルが上がらない。あなたの孫さんも野球をしているようだから野球の強い私立の有名校へやるよりも、地元の公立高校へ進学させたほうがよいのでないの。○○〇〇〇にされるだけだね。レギュラーとして野球ができればいいのでないのか。良く考えたほうがいいよ。」とのことでした。
実は、昨日、青森市の小学生の新人戦で娘の孫息子のチームが優勝したそうです。エースナンバーで投手なんですよ。欲をいいば、コントロールが良く成ればと願っているんですよ。私が捕手しても手が痛くなるような威力のある球なので、それが生かされるのだが・・・との、ジサマの分析です。
私立へ行くか公立へ行くかは本人次第です。
孫次様としては、その人の話も少し気になります。


仕事と野球の前に、菜園へ行き、いたずら狸対策です。

被害に遭ったトウモロコシを撤去して三番手のトウモロコシは是非とも死守したく対策強化してきました。下から潜り込まれないための考案した策を施してきました。これでもダメなら、トウモロコシは辞めます。
へばね
追伸
当事務所(千島行政書士事務所)ホームページに「業務ニュースお知らせブログ」を追加しました。
当事務所で取り扱う業務に関連した日々のニュース・事件情報や地域の話題を取り上げお知らせしたい思います。