津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

新企画ネタ「このネタ必要ジャンつづり」:便秘解消

今日から新企画のコーナーを掲載します。
毎日、各メディア(インターネット、テレビ、新聞、週刊誌等)から莫大な情報が送られてきていますよね。でも、私も含めて皆さんは、日々の生活が忙しくゆっくりとみている暇がありませんよね。そこで皆さんの為と私の引き出しの整理の為に、コレって日常生活で必要ダヨネ的な情報を時々掲載したいと企画しました。
「このネタ必要ジャンつづり」と自分で命名しました。可愛がってくださいね。
今回は、私が2016年に放送された、NHK番組の「ためしてガッテン」をみて、これはいいんじゃんと思った内容です。

「大ぜん動」を促して便秘を解消する方法 
 毎日夜寝る前に「うつ伏せゴロゴロ寝運動」をすると、大腸に溜まったガスを追い出すことができます。すると、ガスのために動きがにぶくなっていた大腸が活発に動けるようになって「大ぜん動」が復活!便秘を解消する効果が期待できるのです。とても簡単な運動ですので、ぜひみなさんやってみてください。
 夜寝る前にうつぶせの状態になり10分間動かずにじっとします。
 この時おへその辺りに枕やクッションなどを敷くとより効果が高いです。
10分経ったら、体を左右に転がすように傾ける動きを5往復行います。
※高齢者や体の不自由な方、腰などの関節に不安がある方などは、痛みが出ることがあります。決して無理をしないでください。
※食後2、3時間は避けてください。
                      (ためしてガッテンより)
「大ぜん動」とは、…すなわち小腸から流入した液性内容は主として右側結腸(上行,横行の前半)で水分を吸収されて固型状の糞便となり,左側結腸(横行の後半以降)に達し,主としてS状結腸に貯えられる。 横行結腸中部以下には排便に関連して1日1~2回大蠕動(だいぜんどう)と呼ばれる著明な運動がみられるが,ふだんは運動はあまりみられない。


私は、ためしてガッテンの番組は、裏付け証拠があるのでとても信用しています。この番組の必要な分はビデオ収録しています。
今日の八甲田連峰

今日も微かにより姿を見せていません。
衆議院選挙の投票には行きましょうね。大事な選挙です。
今日も一日ケッパルベシ・・・ヘバナー(またね)