津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

遺言の話しっこ№2

昨日に引き続き遺言の話しっこ聞いてケロ
まずは、遺産相続では「法定相続よりも遺言による相続が優先される」という大原則があることを理解してください。
通常、相続には、相続人が共同して遺産分割協議書を作成することになります。その際、相続人の間での分割協議で合意が得られない場合や相続人が行方不明となっていたり遠方に居住している場合などには、遺産分割協議書の作成は非常に困難になります。
それを、防げるのが遺言書の作成であります。相続時の遺産分割をめぐるトラブルは増えています。
自分の財産を、どのように相続させたいのか、最終的な意思を伝える手段は遺言です。財産をどのように管理し、そして整理し、相続につなげるか、今後の方向をはっきりさせる意味でも、遺言を書いておくことをお勧めします。
特に遺言を書いておいた方が良いケースとしては
・子供がいない夫婦
・内縁関係の相手に財産を譲りたい
・相続関係が複雑
・認知した子がいる
・認知していない子がいる
・相続人がいない
・相続権の無い人に譲りたい(孫や兄弟、特にお世話になった子供の配偶者(嫁さん、お婿さん)や知人等)
・家業の後継者を指定したい
などが考えられます。
№3では、「遺留分とは?」について聞いてケロ
今日は、しっかり雪が消えました。

この画像は朝一です。

天気予報では今晩から寒波が入るとのことです。3月ぶりに血圧測定してきました。123-72だそうです。昨日は、男孫を相手に3番相撲をしましたがまだまだ大丈夫のようです。が、疲れましたね。3番とも負けてやったが強くはなってきました。負けていられませんよね。
寒くなりますよ。風邪ひかないようにね ヘバナー