津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

 皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」を設立しました。
 事務所の各業務のうち、特に、廃棄物の適正処理のコンサルタント、相続・遺言、家系図の作成を得意に事業を推進しております。
 私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。 
 趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

遺言の話しっこ№6最終

最終は、自筆証書遺言作成の基本のポイントについて喋ります。
・全文を自筆で書く
・日付(作成年月日)、署名、押印を欠かさない
・花序訂正は方式にのっとて行う
・用紙は自由。保存に耐えれるもので、コピーしやすいB5やA4サイズがよい
・筆記用具は自由。ボールペンや万年筆、サインペン等改竄されにくいものを使う
・内容は具体的にわかりやすく、箇条書きにする
・必ず下書きしてから書く
・財産の記載ははっきり特定できるように書く
・用紙が複数枚に及ぶときは閉じるが、契印をする
・封印をするかしないかはじゆうだが、封筒にいれ、遺言書に使った印鑑で封印した方が良い
・表題は「遺言書」「遺言状」「遺言」などとする
遺言については以上です。


今日も、昨日同様に吹雪です。外で働く方は寒くて大変だと思います。防寒対策をしてください。怪我せば馬目ですよ。
今日も一日ケッパルベシ!ヘバナー