津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の66歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年でもあります。そして第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。昭和45年、18歳の年で、青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

奇襲前後②

昨日に引き続きます。


前日の現場へ再臨場しようと役所を出発した。
その途中に〇〇交番へ立ち寄ることにして、交番の前に捜査車両を止め、交番へ入り所長さん(私に刑事手法を指導してくれた先輩)へ挨拶して椅子に座った、その時に、満杯のバケツの水を頭からぶっ掛けられた様な汗が一気に噴き出して、着ていた背広までもビッショリ濡れたのです。


それで、鏡で顔を見たら、真っ青な顔面だったのです。
交番の所長さんも一緒に来た刑事さんも、私の症状をみて、仮眠室で休みなさいと仮眠室へ案内されたのです。


私は、「これは、ただ事でない、大きな病気のシグナルだよな。住んでいる官舎のそばの公立病院かそれとも、今いる近くの大規模な公立病院へ行くべきかと考え、今いる近くの病院へ行くべきだ。ここで休んでいるのでなく、まずは行かなければ。」と、自己判断、一緒に来た刑事さんに、病院へ乗せていってくれるようにお願いして5分ぐらいで病院へ到着することができました。


自己判断で、救急の処置が必要、外来へ行けば診察が遅れる。
それなら、終わっている時間ですが、夜間救急に行こうと決めて、夜間救急センターの入り口から自力で歩いて入ったのです。
男性職員の方が居ましたので、具合が悪いことを告げ診察をお願いしましたが、「もう終わっています外来の窓口へお願いします。」とのことでした。そのように言われるのは当たり前ですよね。
と思った、その時のことです。
看護婦さんが入ってきたのです。
その看護婦さんが、呆然と立っていた私を見たのか、そばに来て、私に、「椅子に横になって下さいと」話しかけて、触診してくれたのです。


看護婦さんは、私を触診して、慌てた様子で、電話で先生を呼んだようです。
先生が駆けつけて私をその場で診察して、「心筋梗塞だ、すぐ処置しなければだめだ」と一緒に来てくれた部下の刑事さんへ私の家族へ連絡するように指示し、私に「千島さんを絶対救ってあげるから頑張って下さい。」的なことを話していたのを微かに記憶していましたが意識がもうろうと成ってきて集中治療室へ運ばれたようです。なんか、意識がもうろうとしている中に、長男の卒業式へ出席していた家内も来てくれて手術室へ運ばれたのを微かに意識されていました。が、その時点で動画が削除されたようです。


高原に川が流れて綺麗なお花畑が見えた時に、取り調べていた被疑者の方の顔が、突然現れて
       「千島さん」
と叫んぶのと同時に、パッと光ったのです。
その光はカメラのストロボの光だったようです。


同時に、意識が戻ったことになります。


集中治療室でした。
私の体はまるでキカイダーのように配線がいっぱいでした。


私をあの世から引き戻してくれた人は、私の取り調べを受けていた被疑者であったのです。
そして、命の恩人は、私を見ただけで適切な判断をして処置してくれた、綺麗な(わか家内と同じくらいに)看護婦さんと先生でした。
病名は、急性心筋梗塞でした。心筋が20パーセント縊死していました。
あと1時間遅れれば今この世にいませんでした。
全く、心臓が痛むことはありませんでした。1週間前の胃の痛みが狭心症の症状だったようです。そして、水をバケツでぶっ掛けられた様な汗が最後の通告だったようです。それを見過ごしていれば多分この世に否かっのでしょうね。


自己判断が大事だと思います。
皆さんも参考にしていただければ幸いです。


最高でのストレスの環境の約4ケ月間が限界だったのでしょうね。


今日は、昨日と全く違って寒くなりましたね。私が倒れた時は、確か雨のあとで急に寒気が入った天候でした。


今日は、朝から収集した戸籍関係の書類の解読作業でした。古い戸籍はなかなか読み取れないので難儀しています。
そろそろ、民謡のイベントが多くなるよです。
仕事しながら鼻歌を歌って稽古もかねて作業しています。
我が家の庭は、積雪ゼロと観測しています。春ですね。へばね