津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

 皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」を設立しました。
 事務所の各業務のうち、特に、廃棄物の適正処理のコンサルタント、相続・遺言、家系図の作成を得意に事業を推進しております。
 私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。 
 趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

「個人情報」に思う

いつから、これは個人情報だからダメ、と煩く言われるようになったのでしょうかね。


オレオレ詐欺等特殊詐欺などが流行り始めたころからかな。
名簿や卒業アルバムなどが闇ルートで売買されるようになったころからかな。


難度の高いお客さんの個人情報を保管している行政書士として漏洩防止対策には細心の
注意をしているところです。
前職で、個人の機密性の高い情報を管理していたためにセキュリティ対策の必要性や個人
情報の保護につては誰よりも認識しているつもりです。


確かに個人情報の保護は大事なのは認識していますが、なんかそこまでもガードする必要
がないのでないかと思う場面に最近、直面しました。


訪問したいと思っている家を聞きに位置的に近くにあると思う家を訪ねて「○○さんのおうちはどこですか」と訪問したら、「個人情報なので教えられません。」と断られました。それには、びっくりでした。隣を尋ねたところ、なんとそこが、私が行きたかった家でした。


困った世の中になったもんだと情けなくなりました。


人とのコミュニケーションが希薄な世になりましたね。


悪意のある人は、どんな手段を用いてもターゲットの個人情報を手に入れています。
善意の人には、隣のうちの苗字くらいは、教えてもいいのでないかと思いますね。
私を見て悪意の人に見たのでしょうかね。(笑う)それならまだ安心です。


○○の地図には氏名まで載っているし、表札もあるのだから、教えてもどうでしょうかね。生活しにくい世の中になりましたね、・・・皆さん。


外は雨ふりです。へばね