津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の66歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年でもあります。そして第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。昭和45年、18歳の年で、青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

朝の発声練習

朝起きて、雨の中二日ぶりに菜園の様子をみてきました。と併せて、日本民謡協会主催の民謡民舞青森県連合大会が、この連休中に行われることからその発声練習も兼ねてでした。
この度のエントリー曲は、寛政二年に、幕末の志士「高山彦九郎」が、青森市の諏訪神社の境内から八甲田連峰を望んで詠んだ詩「津軽路」を、師匠の師匠である亡「成田雲竹」先生が作詞した「津軽山唄」にしました。
私の、師匠からは、この唄を大事に唄い継いでいきなさいと言われています。これは私の唄です。
今日は、雨で、八甲田連峰が見えなかったのですが声慣らしをしてきました。
本番近くになってから発声量を多くすれば、声カスレがおこるので今回は、それも考えながら無理をしないようにしようかなと思います。
この津軽山唄を、いつか家内が舞踊して私が唄う日を夢見ています。
その家内は、もう舞踊の稽古へ出かけました。
菜園の様子です。

最後はj、私の隠れ小屋です。
今日も一にケッパルベシ。へばね