津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

 皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」を設立しました。
 事務所の各業務のうち、特に、廃棄物の適正処理のコンサルタント、相続・遺言、家系図の作成を得意に事業を推進しております。
 私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。 
 趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

休息時間と休憩時間の違い&廃棄物?(2)

「・・・そうすれば、休憩時間中に、従業員が排出したゴミ(弁当殻など)は廃棄物処理法上の事業活動による廃棄物に該当するのでしょうか?
皆さんは、どう思いますか?
給与が支払われていな・・・?でも、事業活動に含まれるのでないかと考えるよな!
疑問を解消するために紐解きしたいと思います。」
の内容で、終わりました。


早速、紐解きのためにも専門機関からなどの意見も聞きました。
その結果は、
休憩時間に従業員の方が排出したゴミは、一般家庭から出たごみと同じ考え方で、職場に分別保管して、市町村へ出すことになるが、出す場合は、市町村と事前に打ち合わせして、市町村の指示に従うべきだ
とか、すべてが事業活動として、事業系の一般廃棄物及び産業廃棄物として取り扱うべきだと意見がまちまちでした。
~私見としては、
会議など出されたプラスチック製の弁当殻は、事業活動に伴ったものとして産業廃棄物となります。が、私は、休憩時間は一般廃棄物で家庭ごみと同じ、従業員の方が休憩時間以外の勤務時間内に排出したごみ(産業廃棄物に該当する以外)は事業系の一般廃棄物として、一般廃棄物処理業者へ運搬委託するか、自社で運搬して市町村の処分施設へ持ち込むべきでしょう。
~これは、私の私見です。


各県市町村によって見解がそれぞれ違う場合がありますので、詳しくは、自己判断せずに、関係機関への問い合わせが大事です。


廃棄物の適正処理方法は、超紛らわしいモノで勉強が必要で。
排出者責任として、事業所の方の責任がとても重くのしかかってきます。
へばね
「千島行政書士事務所」&「千島コンサルタント事務所」 ホームページ
  http://tisimazimusyo.hp-ez.com
もご覧くださいね。