津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

 皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」を設立しました。
 事務所の各業務のうち、特に、廃棄物の適正処理のコンサルタント、相続・遺言、家系図の作成を得意に事業を推進しております。
 私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。 
 趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

ちょっと違うのでないかな

最近、○○警察○○などという番組が多くなりました。
そんな番組で、中には、現役の私服警察官がテレビの画面に、素顔丸出しで、しかも捜査手法も大解放で演出しています。それを見て、毎回、これ違うだろう間違っているだろうと思っています。情けなくなります。
私服刑事は、名前は、いくら売ってもよいが、絶対、顔を売っては駄目だと先輩から言われていませんか。
なぜだめなのか、それは、私服刑事は、尾行だとか張り込み聞き込み捜査等等、警察官だと外見的に見破られないように秘匿捜査をするために、私服で勤務しているのです。
それがなんと、全国放映されるテレビに素顔で出ているのは、到底考えられません。
テレビ放映され全国に顔を売っては、私服を着て勤務する意味がないと思いませんか。
ちょっと厳しいかもしれませんが、テレビ放映された刑事さんには悪ですが、明日から制服を着て捜査したほうが良いのでないかと思います。
老婆心に思います。
へばね