津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

 皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」を設立しました。
 事務所の各業務のうち、特に、廃棄物の適正処理のコンサルタント、相続・遺言、家系図の作成を得意に事業を推進しております。
 私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。 
 趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

津軽民謡の稽古

今日は、仕事の合間の2時間、津軽民謡の稽古をしてきました。

青森市内のホテルの一室で稽古しています。13:00-15:00の2時間です。写真の真ん中の方が、師匠です。左手の方は、三味線の先生であり、師匠から津軽民謡を教わっています。右手の方は、私と同じで師匠の弟子の方で太鼓の手ほどきを受けています。画像に写っていませんが、右手に、三味線と尺八の先生がいます。向かいが習っている私たち弟子5人が座っています。
12月2日に民謡王座津軽予選会へ出場予定ですので、それに向けた稽古をしてきました。私は、師匠の持ち唄で、最初に教わった津軽山唄をエントリー曲にしました。喉の調子が芳しくないので本番までは直したいですね。
本選出場は、超厳しいものですが、それを励みに稽古をしていますので、いつかは本選出場したいですね。審査員の方が気に入ってくれればいいですが・・・ね。まだ早いのかな?
腹から思いっきり声を出して唄ってきたのでストレス解消になり、帰宅して事務所にこもり仕事でした。
明日もケッパルベシ。へばね