津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

お袋家の墓参りと津軽半島の絶景

昨日は、午後から家内と、お袋の実家、津軽半島の今別町まで行き本家の墓参りをしてきました。
青森ねぶた夜間運行の最終日とあって交通量が最高でしたね。途中、姉貴の家へ立ち寄り我が家の収穫した野菜を届け、母の御先祖様の墓参りを終えて帰り際に、菩提寺の住職が私の高校の時の同級生なんですがその住職さんと久々の対面でした。その住職さんの名前の「丸」を私の娘孫の二番目に「◎丸」と付けたのです。本当に真面目な誠実な人です。とても懐かしかったです。いろいろ立ち話をして別れてきました。
帰路、海岸沿いを通って青森市内へ、その途中の絶景です。ご覧ください。

微かに明るくなっているところが北海道?

平舘~蟹田~蓬田~青森市と帰宅しました。

お袋も94歳になりました。・・・が、介護施設に入所しています。できれば、我が菜園でお袋から野菜栽培の手ほどきを受けたいものですね・・・でもそれは無理のようです。人間、年老いたからと、好きなことを辞めて、安静は、一気にボケの進行を早めるようです。死ねば永遠に安静になれるんです。生きているうちは、少しぐらい具合悪くても大いに動くべきです。あるものに集中していれば具合の悪いこともすべてが忘れることができます。安静やヒマにしていれば、変なことをいろいろ考えてしまう様ですよ。大いに好きなことをしなさい。話が脱線してしまいました御免なさいね。悪い癖なんです。
今日も一日頑張りましょうね・・・ヘバナー