津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

8/18「私の注目記事


1位:景況35市町村「変わらず」 県は「上向き」認識に差 青森県内・6~8月の調査
 共同通信が6~8月に全国の字自治体を対象に実施したアンケートによると、県内の市町村では、昨年に比べた景況感が「上向いている」と答えたのは平川市と平内町の2自治体、35自治体が「変わらない」と回答した。が、県は「生産、雇用、消費の動向などがおおむね堅調に推移していることから、本県の経済概況は「緩やかに回復している」と答えた。(東奥日報)
 
 コメント:6~7月は気候的に恵まれてよかったと認識していましたがそうでないようですね。でも、「下降」の数が3%と少なかったからまあまあです。でも、今の太平洋側の長雨は今後相当な悪影響となるでしょうね。


2位:逃亡7日間、青森市の子ザル“御用”
 17日午後4時すぎ、青森市本町で体長40センチほどのサル1匹が捕まった。11日から目撃情報が相次いでいたサルと同一のものとみられる。7日間にわたる逃亡劇もようやく終了。連日、捕獲作業に追われた市職員に安堵(あんど)の色が広がった。 (東奥日報)
 
 コメント:市職員の方連日の捕獲作業お疲れさまでした。


3位:日照時間、平年の52% 8月前半の関東甲信
 気象庁は17日、北日本や東日本の太平洋側などで、8月前半の日照時間が平年の30~50%ほどだったと発表した。今後も1週間程度は曇りや雨の日が多く、気温も上がらないため、農作物などの管理に注意を呼びかけている。(朝日)
 
 コメント:青森県内でも太平洋側が大変なことになっています。仙台は27日連続の雨だそうです。東京は8月、17日連続で40年ぶり、野菜の価格上昇、米の収量が懸念されますね。