津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

注目記事:「離婚に伴う子供の引き渡し手続き明確化」に思う

9/9の新聞に、法制審議会の民事執行法部会は、9/8、離婚に伴う子供の引き渡し手続きを明確にする中間試案をまとめた。との記事が掲載された。その内容は、一方の親へのひきわたしを命じる裁判所の判決をもう一方の親が無視した場合、原則として、まず金銭を支払わせることで履行を促し、それでも応じなければ裁判所の執行官が強制的に引き渡す。支払い義務が確定した子供の養育費不払いを解消するため、裁判所が金融機関や公的機関へ、支払い義務のある人の預貯金や勤務先を照会、回答を得て財産の差し押さえを図る新制度をまとめたものです。法務省は、中間試案について9月中に意見公募を実施し、法制審の答申を得て、早ければ2018年の国会への民事執行法改正案提出を目指すそうです。
コメント:この試案はいいと思います。が、まずは子供の意思が尊重されることが一番大事だとも思いますね。どっちが引き取るかで子供がトラブルに巻き込まれるケースが多々あります。子供には罪がありませんね。一番いいのは両親のもとで育つことなんです。この法案が成立すれば子供の養育費の不払いは解消される気がします。が、なんか、更に泥沼化して、子供が苦しむだけだと思います。

この花の野菜は?・・・カボチャです。

このカボチャは?・・・ハロウィンカボチャでした。

今日の天気は秋晴れです。10:00開業の時間まで一仕事してきました。秋野菜の白菜の苗が、小さすぎて間に合うのかと心配です。