津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

注目記事:「増える所有者不明の土地」に思う&サツマイモの成長

全国で所有者が分からない土地が増加している、政府は12日、公共事業などで国や地方自治体が土地を利用しやすくする仕組みを盛り込んだ新法案を来年の通常国会へ提出する方針を示した。有識者会合の初会合では、所有者不明の土地で公共事業を実施する際、権利者を探すことに時間や人手がかかり自治体の負担になっているとしている。所有者の不明が用地買収の障害となっている例としては、「持ち主が遠隔地に居住しており追跡が困難」、「権利者を特定する書類の入手が難しい」などがある。民間有識者の研究会が6月に、所有者不明の土地が九州の面積を上回る約410万ヘクタールあるとする独自推計を公表している。


コメントどんな法律ができるか分かりませんが、未だ、相続した土地の登記変更をしていない方は早めにした方がよいと思います。相続の際の不動産の登記変更手続きも「法定相続情報証明制度」を活用することで容易にできるようにもなっています。


我が家の菜園のサツマイモの成長
下が9/13のもの

下が6/1のもの

ツルを見ただけでも成長が分かりますね。・・・でも、ツルでの判断でないんですよ、土の中なんです。師匠の家内の診断では、「今年は余り良くないんでないかな」だそうです。

間もなく10:00開業時間となります。
今日も一日頑張ろうね。ヘバナー