津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

 皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」を設立しました。
 事務所の各業務のうち、特に、廃棄物の適正処理のコンサルタント、相続・遺言、家系図の作成を得意に事業を推進しております。
 私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。 
 趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

注目記事:「「優性」「劣性」やめます」に思う

日本遺伝子学会は15日までに、「優性」「劣性」の用語を使わず言い換えることを決めた。遺伝子に優劣があるとの誤解を避けるため。遺伝学では100年以上にわたり、遺伝子の二つの型のうち、特徴が現れやすい遺伝子を「優性」、現れにくい遺伝子を「劣性」と呼。今後は優性を「顕性」、劣性を「潜性」と言い換える。学会は、これを含めて100程の用語について変更を提案。そのほか、「突然変異」を「変異」に、「視覚異常」を「視覚多様性」と変更する。
コメント:今までの用語でいいと思いますがね。あまり、神経を使い過ぎでないかな。