津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

注目記事・・・に思う&2017あおもり民謡の祭典へ

注目記事・・・に思う。
1 90歳以上200万人突破 働く高齢者最多770万人 総務省推計
 敬老の日を前に総務省が17日発表した人口推計では、9/15日時点で前年より14万人多い206万人となった。65歳以上の高齢者は労働力調査で1年間で38万人増えた。就業している高齢者の39%に当たる301万人がパートなどの非正規雇用でこの人数は06年の2.5倍となった。総務省は「高齢者の勤労意欲が高いことに加え、受け入れる企業も増えている」と説明している。
コメント:この数値は統計を取るまでもなく当然の数値だと思う。「勤労意欲が高い・・・。」と説明されていますが、果たしてそう甘く考えていてもいいのかな?ですよ。それは中には勤労意欲が高いがある方がいると思います。


2 衆議院来月22日軸 首相、国会冒頭解散へ 公明代表に伝達
 首相の経済政策や北朝鮮対応のほか、憲法9条改正の是非や森友学園問題、加計学園問題を巡る政治姿勢が争点になりそうだ。
コメント:政治問題はコメントを避けたいと考えています。が、私の信条は、公正・公平・中立・誠実そして世界の平和を尊ぶことであります。


2017 あおもり民謡の祭典へ
 昨日、弘前市市民文化交流館ホールで行われた、「あおもり民謡の祭典」へ、5歳の孫娘と出場してきました。なんとびっくり、初出場で初デビューの孫娘が、特別賞を受賞したのです。私は、相変わらず選外でした。孫娘に主役の座を奪われ、今後は、家内とマネージャーに徹しようかなと考えさせられましたが、ここで弱音を吐けば男じゃない、孫娘と一緒に稽古を励まなければ、孫娘の為にも。

外は、台風18号が接近中です。リンゴや稲作への被害ががなければいいですね。
今日もよろしくね。ヘバナー