津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

注目記事…に思う。 & 巨大な夕顔とリンゴ節大会

注目記事・・・に思う。
1 高齢者のごみ出し、中学生が支える?市が支援金を支給 
 高齢化や核家族化が進み、自分でごみ出しができない人が増えつつある 。新潟市中央区。午前8時前、通学途中の市立山潟中3年2人が、ある一軒家の玄関前に置かれたごみを、数百メートル離れた集積所まで運んだ。同市は2008年、自治会や地域の協議会などが、ごみ出しの困難な高齢者らのごみ出しを担う場合に支援金を支給する事業を始めた。燃やすごみなどのごみ出し1日につき150円。185団体が登録し、約570世帯が支援を受ける。この事業のための市の今年度当初予算は約740万円だ。これに登録した山潟地区コミュニティ協議会では、山潟中の生徒から希望者を募り、通学路近くの高齢者とマッチング。市の支援金は学校の備品購入に充て、ごみ出し支援に参加した生徒には、3年生で支援を終えた際に感謝状と図書券500円分が贈られる。(朝日)


コメント:とても良い施策です。中学生には互助と敬老と勤労そして清掃の心を教えることができますよね。税金は、こういう生きた予算として使ってもらいたいですね。いいことです。


2 住家38棟一部損壊 台風18号青森県被害
 大型の台風18号は18日、日本海を北上、青森県に最接近、上陸はしなかったものの、広範囲が暴風域に入り、八戸市では観測史上最大となる最大瞬間風速41.7メートルを観測した。県によると、青森市や八戸市など10市町村の計38棟の住家で屋根のトタンが剥がれるなどの一部損壊が確認されたほか、青森市や平川市などでリンゴの落果や木が折れるなどの被害が見られた。八戸市では女性2人が軽傷を負った。(東奥日報)
コメント:我が家の菜園もこんな状況になっていました。

秋野菜にかけていたネットがはがれていました。

ヤーコンがなぎ倒されて重症です。

幸いに、大根などは大丈夫でした。昨年は大被害でした。
総じて、被害が僅少だったようです。
巨大な夕顔を見損じしていました。

雑草の中から見つかりました。ビックリですね。


3 弘前でりんご節世界大会 
 第6回津軽民謡りんご節世界大会が17日、弘前市のヒロロ4階市民文化交流館ホールで開かれ、県内外から参加した65人が自慢の歌声を競い合った。プロ・アマ不問で3年以上の経験者を対象とするりんご節一般の部Aクラスは、本間愛音さん(弘前市)が優勝した。(陸奥新報)
コメント:あのね、この65人の中には、私と孫娘も含まれているんですよ。私は、相変わらずの選外ですが、孫娘が初挑戦で特別賞(将来性がある)でした。オイオイさんの登場:この事は昨日も言っていませんでしたか?。 そうでしたケ。そうなんです私が受賞するより孫娘の受賞が喜びなんですよ。御免なさいね。


今日も一日 ケッパルベシナ(頑張ろうな) ヘバナー(またね)