津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の66歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年でもあります。そして第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。昭和45年、18歳の年で、青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重(コンプライアンス)すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

注目記事・・・に思う&セミナー開催の準備開始と菜園の草取り

注目記事・・・に思う。
1「家庭でも禁煙」都条例案提出へ…愛煙家は疑問
 東京五輪・パラリンピックが3年後に迫る中、小池百合子都知事率いる都民ファーストの会と公明党が、20日午後に開会した都議会定例会に「子どもを受動喫煙から守る条例案」を議員提出する。条例案は、罰則はないが、18歳未満の子どもがいる自宅内や車内の禁煙を求める内容で、煙が染み込んだカーペットやソファから有害物質を吸い込むこともあるとして、受動喫煙防止措置が施されていない飲食店やカラオケボックスなどに子どもを立ち入らせないことも求めている。ただ、自宅など私的空間での行動を行政が制限することに疑問の声もある。愛煙家の文化人でつくる「喫煙文化研究会」の山森貴司事務局長は、「子どもを守る趣旨は賛成だが、プライベートな場所での喫煙抑制は、喫煙者の人格権に踏み込んでいる」と指摘する。
コメント:いいことですね。年齢に制限をする必要なく「がいる自宅や車内」とすればいいのでないのかな。煙草は健康の害になるのは明らかな事実となっていますよね。


2県債残高6年連続減/青森県普通会計16年度決算
 青森県は19日までに、2016年度普通会計決算を発表した。借金に当たる県債残高(臨時財政対策債含む)は1兆1986億円で、15年度決算を395億円下回り、6年連続で減少した。貯金に当たる財政調整用4基金は15年度から2億9300万円増え、残高は317億4700万円。財政構造の硬直度合いを示す経常収支比率は95.9%で、地方税などの歳入環境悪化により15年度から0.2ポイント悪化した。
コメント:いいニュースですね。借金が減ることはいいこと。子孫につけを回すことは許されませんよ。自分の時代が良ければいいでは情けない。でもまだまだ莫大な借金ですね。


セミナー開催の準備作業を開始
11/9、開催予定の、「産業廃棄物の排出事業所及び処理事業所で働く方のための適正処理に関するセミナー」の開催準備を開始しました。一人での作業ですので早めにとりかからなければと考えています。今回が初めてのセミナーです。やってみて改善点も見つけることができると思います。私は、産業廃棄物処理の不適正にストップをするには、事業所で働く方一人ひとりの方の適正処理というモラルを高めることにあると考えています。ので、以降も継続して、産業廃棄物の排出事業所及び処理事業所で働く全国の方に地道に指導していきたいと思っています。
セミナーの詳細については、千島行政書士事務所&千島コンサルタント事務のホームページへ掲載しております。


朝一で家内と菜園へ行き、菜園の草取りをしてきました。

菜園の前の道路の草取りもしました。

大根、カブ等も大きくなってきましたね。成長が順調です。
今日はこれから雷雨の予報が出ています。
ヘバナー