津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

注目記事・・・に思う&行政書士会研修・・・その他

ホタテ残渣1.5トン投棄容疑 11人摘発
 
青森海上保安部は21日、ホタテ養殖で生じた貝殻などの残渣計約1.5トンを、陸奥湾に不法投棄したとして、海洋汚染防止法(船舶からの廃棄物の排出禁止)違反の疑いで漁業者11人を摘発したと発表した。「処分費用と手間を省きたかった」「捨ててはいけない残さとはどんなものかも知らなかった。私の認識不足だった。」「養殖かごのついた海藻を捨てたのが悪かったのかもしれない。どんな処理方法ならOKなのか、海保が研修を行ってほしい」と話している。漁業者らは、沖合の養殖場でホタテやホヤを水揚げしてから漁港に戻り、選別作業した後に再び出港。沖に残渣を捨てたとみられている。陸奥湾でのホタテ残渣の不法投棄は、2012年ころから毎年のように青森市や外ヶ浜町の漁業者が相次いで摘発、書類送検されている。(東奥日報)


コメント:ホタテ大国として全国に宣伝し青森県の基幹産業になっているホタテ養殖。昨年からホタテ養殖産業の収益が大幅に増収となってきている。良いことだ。が、不法投棄は許されない。確かに、処分費は高いと言われているが、法に反する行為は許されない。各市町村でもこの問題の対策として新しい処分場施設を設けたりして対応しているが、処理能力が弱い、処分費用が高いなどとの声があるようだ。このまま推移すれば、陸奥湾のホタテ漁師は前科者になってしまう。後継者も育たないとも思う。県においてホタテ残渣問題をこれまで以上に真剣に考えなければダメでないのかな。・・・と思う。漁業者の方が話しているように、研修をして、法を知らせるべきでないでしょうか。法律を知らない者を法で取り締まるのは妥当性に欠ける気もしますね。でも、この世の中、決まった場所以外にゴミを捨てると言う行為は、不法投棄になる行為だ悪いことだは常識的ですね。でもまだそれを知らない人もいることを取り締まる側は認識して検挙することに力を入れずに法を守らせる知らせるための研修会を大いに行うべきだと思いますね。



行政書士会主催の「建設業許可申請ならびに経営事項審査制度」の研修会へ
昨日、午後から行われた研修会へ初めて出席、約4時間講義を受けてきました。勉強になりました。
1時限目は青森県の職員の方の講義、2時限目は許可相談のファーストコンタクトについてベテラン行政書士の先生の講義、でした。


菜園作業
今日も朝一で菜園へ行き草取り作業を約1時間半ほどしてきました。

私の日課なんです。とても気持ちがいいんです。草取りしている時にいいアイデアも出るし、この草が堆肥になりまた土になるとおもい気分よく作業ができます。苦痛だと感じません。大好きです草取りは。
今日も一日ケッパツベシナ。ヘバナー。