津軽弁訛りの行政書士さんのブログ

年は、昭和26年生まれ、うさぎ年の65歳になります。その年は、行政書士法が生まれた年であります。第一回目の、NHK紅白歌合戦が始まった年だそうです。そして、昭和45年、18歳の年で、超厳しい青森県警察の門をくぐりました。その年は、大阪で万国博覧会が開催され、歌では、黒猫のタンゴが流行った年でした。警察人生では、むつ警察署、青森警察署、八戸警察署、警察本部捜査第一課、そして最後、警察本部刑事企画課で勤務し42年間のうち40年間を波乱万丈の刑事畑で働かせて頂きました。その次の日、平成24年4月から、青森県青森環境管理事務所に特別職の非常勤職員の環境管理専門員として勤務し、管内の大半の産業廃棄物処理事業所等に職員と立ち入り適正処理の助言・指導を行ってきて、廃棄物行政の重要性を学ばせていただき平成29年4月に5年間の勤務を退職しました。
そして2017年6月1日付で、47年間の集大成として、皆様に、少しでもお役に立てればとの思いで、「千島行政書士事務所」と「千島コンサルタント事務所」の設立に至りました。
私のモットーは、誠実に生きること・道徳と遵法精神を尊重すること、死ぬまで向学・向上の心を大事にすること、そして生涯現役でピンピンコロリです。趣味は、囲碁と家庭菜園と津軽民謡歌唱を楽しんでいます。皆さんも、ボケ防止に囲碁と腹から声を出し健康にいい津軽民謡に興味を持っていただければいいと思いますよ。津軽民謡は津軽弁の訛りが大事なんですよ。そのうち、皆さんに聞かせるかも?

セミナー開催が徐々に迫ってきました&菜園作業姿

セミナー開催の経緯
産業廃棄物の処理に関して、産業廃棄物の排出事業所及び処理事業所の事業主の方は、産業廃棄物の適正処理方法について、非常に紛らわしく、悩んでいることを、5年間、青森県環境管理専門員として、各事業所を訪問、お話を聞くなど、実際、この目でみてきました。この度、講習等の受講経験の機会に恵まれていない、事業所の現場で働く社員等の方に、産業廃棄物の適正処理方法についての知識を得てもらうことが一番大事であるとの結論に至りまして、セミナーの開催を決心しました。
 安易な気持ちで社員等の方が行った不適正処理によって法人が罰せられて、しかも、許可業者の法人であれば、命である許可の取り消しとなります。産業廃棄物の適正処理は重要であります。



開催案内の内容
産業廃棄物の排出事業所及び処理事業所で働く方のための適正処理に関するセミナー開催のご案内


拝啓 時下ますますご清栄のことをお喜び申し上げます。
このたび当千島コンサルタント事務所主催による産業廃棄物の適正処理に関するセミナーを下記のとおり開催いたします。
御多忙中とは存じますがぜひご出席くださるようご案内申し上げます。
敬 具

1.開催年月日時  
平成29年11月9日(木)午前9時45分から午前11時30分まで
2.開 催 場所
青森県青森市中央三丁目20-30
   県民福祉プラザ 4F 小研修室 
3.テーマ
「産業廃棄物の排出事業所及び処理事業所で働く方のための適正処理について」
4.講 師
千島コンサルタント事務所(千島行政書士事務所)   代 表  千島 昭治
プロフェール:青森市(旧、東郡後潟村)出身、県立今別高校卒、青森県警察職員(主に刑事畑、昭和45~平成24年)、青森県環境管理専門員として青森環境管理事務所に勤務、職員に同行して産業廃棄物の不法投棄の予防監視及び不適正処理の指導並びに立ち入り業務に従事する(平成24年4月~平成29年3月)。行政書士登録して千島行政書士事務所&千島コンサルタント事務所の開設(平成29年6月1日~現在に至る)
5.会 費  
2,000円(当日会場で受け付け致します。)
6.申し込み方法及びその他
ご出席の方は、電話(090-5359-2115)及びファックス(017-726-6525)にて、会社名、氏名を記して、10月31日までにお申し込みくださるようお願いいたします。
会場設定の都合上、定員が20名になり次第締め切らせていただきます。お早めのお申し込みをお願い致します。
当千島行政書士事務所&千島コンサルタント事務所HPhttp://tisimazimusyo.hp-ez.com
に掲載しております。
駐車場は、無料で、会場1階と屋外にありますのでご利用願います。
以 上


私の菜園作業姿

腰に道具袋をさげているんです。
昨日は朝から行政書士業務で忙しく菜園へ行けませんでした。